資格スクエア宅建

セールスポイント

  • 徹底的に「無駄」を排除した、合格点を取るための宅建講座
  • 忙しい受講生のための、すき間時間を利用した効率的な学習メソッド
  • 宅建試験の特徴に対応した、「過去問重視」の実践的学習

資格スクエア

資格スクエアとは

資格スクエアとはIT企業が経営母体となった新興の資格予備校です。新興だけに従来の通信講座と一線を画した、IT技術を屈指した学習メソッドと、通信講座のメリットを生かした徹底的な効率化による講座コストの削減を実現しています。

カリキュラム

2018年向け 宅建合格パック

インプット講座(約50時間)
アウトプット講座(約40時間)
直前対策講座(約10時間)


  1. インプット講座・・・あくまで「合格点を取るための講義」に特化し、重要点は集中的に、そうでないところは割愛という効率化を図る学習です。講義時間も単元毎に5~30分という時間にまとめられており、通勤などのすき間時間を利用して学習できます。
  2. アウトプット講座・・・単なるアウトプット練習という意味ではなく、「実際に出題された問題の周辺知識をインプットする」アウトプット講座になります。「7割8割が過去問の焼き直し」という宅建本試験の特徴より、試験問題周辺知識を徹底攻略します。
  3. 直前対策講座・・・「頻出問題の総まくり」や「受験生がよく間違える問題」をピックアップして解説。

講義

メディアはweb配信のみです。PC・スマホ・タブレットで受講可能になります。

インプット講座(約50時間)
アウトプット講座(約40時間)
直前対策講座(約10時間)

テキスト

テキストは2タイプ使用。

講座全般でオリジナルのオンラインレジュメを使用するようです。ンラインですから講義中に表示される形ですね。

宅建講座オリジナルレジュメ

そして、アウトプット講座では「2018年版クラウド宅建士TWINS Vol.1 & vol.2」

宅建講座クラウド宅建士


どんなテキストかというと、説明している動画ありますので、そちらで説明します。


フォロー

上にもありましたが「徹底的に無駄を排除し合格のための効率化」の一環として、質問制度もあえて削っています。「分からない部分を無理に理解しようとするよりも、簡単に分かる部分を増やしていくほうが効率的」という趣旨です。

費用

さて、資格スクエア宅建講座の費用ですが、「2018年向け 宅建合格パック」で64,800円(税込)。通信に特化した宅建講座としては平均的です。もちろん、絶対的な価格はお安いことこの上ないのです。

教育訓練給付制度の適用はありません。

支払方法は以下です。

銀行振込
クレジット(一括・分割)
コンビニ決済
学費ローン

どんな人にオススメか

  • 忙しくて勉強時間があまり取れそうもないけど宅建一発合格したい方
  • とにかく無駄は一切せず、合格のためだけの勉強をしたい方
  • 低価格の宅建通信講座を探していた方

価格もそうなのですが、徹底的な効率化による宅建の勉強は試験の特徴にからして合っていると思います。社会人には願ったりかなったりの講座だと思います。