通勤講座宅建

セールスポイント

  • 忙しい社会人のため、通勤時間などのすき間時間での学習で本領を発揮
  • 「宅建合格」という大義名分のため、徹底的な効率化による低価格(おそらく業界最安値)を実現
  • 初学者が理解しやすいよう、講義ビデオはテレビのワイドショーを観るような視覚効果を狙った作り

宅建は不動産系資格になります。
宅建

通勤講座とは

通勤講座とは短期間で合格した人の勉強法を徹底的に研究し、それらと方とと同じように効率的に学習できるように開発された試験対策講座になります。

通勤講座は、スマートフォン、携帯音楽プレーヤー、タブレット、ノートPC等で学べるため、忙しい方、例えば社会人でも、場所と時間を選ばずにスキマ時間で試験勉強ができます。

通勤講座は様々なシチュエーションで力を発揮

いつでもどこでも学習できる通勤講座で、スキルアップ、転職、独立に生かせる人気の宅建資格の一発合格を勝ち取ろう!


通勤講座の特徴イメージ

カリキュラム

通勤講座宅建士は、3つの講座を合わせて合格コースとして提案しています。

  1. 基本講座(インプット)
    講義ビデオとwebテキストを利用します。講義とテキストはもちろん連動していますが、それぞれで単独での学習が可能です。講義で知識を取得してテキストで復習するというスタイルを推奨しています。

  2. 通勤問題集・セレクト過去問集(アウトプット)
    アウトプットは通勤問題集とセレクト過去問集を利用すき間時間での利用で実力アップが期待できます。。

講義

講義はweb配信。PC・スマホ・タブレットと言った通信機能があるデバイスが必要になります。音声ファイルも専用ページよりダウンロードできます。

  • 短期合格セミナー・・・全1回
  • 基本講座・・・全38講座(約28時間)
  • 通勤問題集・・・全42回
  • セレクト過去問集・・・全38回

講義の特徴

講義は通勤中などで勉強できるように、テキストなしでもわかるようになっているのが特長です。視覚的にもテレビのワイドショー的な作りになっていて、初学者にも理解しやすいような作りがなされています。

わかりやすい図解とていねいな解説によって、覚えにくい法律知識なども、ちゃんとフォローされています。また、覚え方のアドバイスや、試験で出題されるポイントなど解説していますので、視聴するうちに実力がアップします。

通勤講座講義サンプル

テキスト

テキストはすべてオンライン提供、webテキストになります。製本タイプは提供されません。ご自身での印刷は可能ですけどね。
これのメリットは、「極めて優れた携帯性」ということになります。テキストって持ち運びにはあまり向いていません。結構かさばるし本数あれば結構重い(苦笑)。そのテキストがスマホに収まっているのですから、これはラクチン(^^♪


通勤講座のテキストイメージ

テキストは復習用がおすすめ

そのテキストはもちろん講義と連動しているわけで、初心者にもわかりやすいように配慮されて制作されています。

スマホでは画像サイズという物理的な関係で講義とテキストを同時表示は難しいです。そのため、テキストは復習用として利用することをお勧めしますが、そういう意味で講義の補足や試験に必要な情報はテキストで得ることができるようになっています。

下、通勤問題集とセレクト過去問集の画像サンプルです。


通勤問題集とセレクト過去問集


テキストの配信は講義回数に準じたものになります。

宅建は不動産系資格になります。
通勤講座宅建士 HPで詳細を見る

フォロー

通勤講座には質問制度というものがありません。学習的な質問はできないことになっています。「わからないところはそれでも良し、わかるところだけしっかり伸ばせば良い」という、効率性のお話なんだと思いますし、質問に対応するためのコストも関係あるのだ労と思います。

費用

通勤講座はおそらく業界最安値の講座を提供することで遊泳なのですが、この宅建士講座も同様。宅建士合格コース(基礎講座・通勤問題集・セレクト過去問集)で19,800円

通信講座専門でやっているところは総じて低価格ですが、それでも5万円~6万円台です。通勤講座はその半分ですから、これはすこぶる魅力的。

支払方法は、クレジットカード(一括、分割、リボ)、コンビニ支払、銀行振込、ペイジーから選べます。

キャンペーン・割引制度について

通勤講座宅建では、合格した場合のお祝い金制度を実施しています。金額は5,000円。もちろん条件がありまして、

  1. 対象コースをご購入頂いた方
  2. 2018年度の宅建士試験に合格された方
  3. 受講開始後の合格発表後に、アンケート及び合格体験談をご記入頂いた方(合格体験談は、当社WEB等の媒体で公表させて頂きます。)
  4. 2018年12月31日までに合格のご連絡を頂いた方

以上すべて満たすことが条件になります。

教育訓練給付制度の適用はありません。

どんな人にオススメか

  • とにかく低価格の宅建講座を探している方
  • 学習の中心が家以外になりそうという方
  • スマホで受講することは全く厭わない方

低価格揃いの宅建の通信講座の中でも群を抜く低価格ですので、そこがプライオリティーの方にはお勧めしたいですね。また、家ではあまり勉強できない、という方でしたら、外で学習するのに適している通勤講座は強い味方になってくるはず。

宅建は不動産系資格になります。
通勤講座宅建士 詳細はこちら