宅建合格に必要な勉強時間はどのくらい?

宅建に合格するために、どのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか?もちろん、能力的な問題がありますし、これは個人差あるってことをご了承頂いた上でお話を進めさせて頂きます。

宅建の合格に必要な勉強時間とは

ネットで調べたり書籍に書いてあるのを見ると初学者で6か月~8か月とか、300時間~500時間なんてのが散見されます。1日2時間勉強すると300時間で150日、500時間で250日ですから、6か月~8か月と300時間~500時間はほぼ同じ見解ということだと思います。


平均で1日2時間の勉強時間を確保したとして最低でも6か月はかかると考えておけばいいですね。

勉強だけに専念できる方は平均1日2時間で大丈夫だと思いますが、きっとそんな方はかなりの少数派のはず。社会人の受験生がかなりの割合いる宅建試験です。工夫しないと平均1日2時間の勉強時間は確保は困難なのではないでしょうか。

先ほども言った通り、これは最低ラインです。できればもう少しの時間、そう500時間ぐらいの勉強時間八区干しておきたいところですね。10月の本番から逆算して300時間確保したけど、間に合わなかったよ、なんてことにならないように、余裕を持った方が良いと思います。

ただ、通信講座などを取得して効率よく勉強していけば、この500時間という勉強時間は時短が可能です。講座を取得する大きな意味は、効率的な勉強で時短ができるということもあります。

他の法律資格の合格に必要な学習時間は?

参考として、他の法律資格、行政書士と司法書士の一般的に言われている勉強時間を、下の表にて比較しておきました。時間については諸説ありますので、よそとは異なる場合もございますことをご了承ください。

想定学習時間(h)
宅地建物取引士 300~500
行政書士 800~1000
司法書士 3000~5000

宅建の勉強はいつから始めるべき?

上のことを踏まえて、宅建の勉強、いつまでに始めるべきでしょうか?

思い立ったらすぐに勉強始めれば良いと思うのですが、その年の試験で一発合格するためにはいつまでに始めなければ、という視点でお話しすることにしましょう。

やはり、本番から逆算して考えるべきでしょう。試験は10月ですが(「宅建試験の実施内容-試験日や合格発表はいつ?受験資格は?」参照)、半年の勉強時間が欲しいとなると4月ごろですね。4月に始めることができるのなら、ある程度余裕をもって勉強を進めることができるでしょう。

講座を取ると・・・

以前、某宅建通信講座の合格者の声を見ていましたところ、試験申込の7月から勉強を始めてその年の10月の本試験に一発合格したというのがありました。もちろん、社会人で初学者でした。スゴイですね。初学者で3か月の勉強で合格するなんて、その方はすごいですが、講座もすごいです(笑)。

講座を取得して勉強すれば時短が可能と言いましたが(「宅建に一発合格するためにすべきこととは?」参照)、これはいい例ですね。

まあ、参考までに。